お電話でのお問合せ・資料請求 0800-800-8165

取り扱い窓口 神奈川高齢者住宅相談センター

お問合せフォーム

トップ > 介護施設の基礎知識

有料老人ホームや高齢者向け賃貸など、一言に介護施設といっても非常に種類が多く、初めての介護施設探しでは悩まれる方がたくさんいらっしゃいます。ここではそれぞれに特徴が異なる介護施設を解説します。 様々な介護サービスの特長を確認して、ご要望にあった介護施設を探す参考にしてください。

有料老人ホーム

介護付き有料老人ホーム 介護付有料老人ホームとは、民間事業者(株式会社や医療法人、社会福祉法人など)が運営する高齢者のための介護施設です。その中でも行政から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設を「介護付有料老人ホーム」といいます。
介護スタッフが常駐し、食事・入浴・排泄などの介護サービスが受けられる他、レクリエーションや設備面などのサービスも充実してて、介護に関わる家族の負担を大幅に軽減することができます。

介護付有料老人ホームの特徴は、自立から要介護5までと受け入れ幅が大きいため、提供するサービスの幅が施設によって異なります。そのため、施設側の対応をきちんと確認する必要があります。
受け入れの幅が広いため、特別養護老人ホームよりも比較的速やかに入居することができます。
住宅型有料老人ホーム 住宅型有料老人ホームとは、民間事業者(株式会社や医療法人、社会福祉法人など)が運営する高齢者のための介護施設です。施設によっては介護付有料老人ホームよりも軽度の要介護者や、自立・要支援状態のみの高齢者を受け入れている場合もあります。

住宅型有料老人ホームの特徴は「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていない為、施設からの介護サービスの提供はありません。 また、施設内に介護スタッフが常駐していない場合も多く、介護が必要なときには訪問介護(ホームヘルパー)や通所介護(デイサービス)などの在宅サービスを利用します。その為、利用するサービスが増えると介護付有料老人ホームよりも料金が高くなり、また要介護度が高くなると退去しなくてはならない場合もあります。
健康型有料老人ホーム 自立または要支援の高齢者が家事手伝いや雑事の生活サポートを受けられる施設を「健康型有料老人ホーム」といいます。介護を必要としない健康な高齢者を対象とした施設ですので、周囲には元気な高齢者が多く、友人ができやすいと言う特徴もあります。しかし、介護が必要となったときには、退去しなければいけない場合もあるので注意が必要です。
現在、健康型有料老人ホームは「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」に比べると圧倒的に少ないといえます。

介護保険施設

特別養護老人ホーム 特別養護老人ホームは、社会福祉法人や地方公共団体が運営母体となっている公的な介護施設で、「通称:特養(とくよう)」とも呼ばれています。特別養護老人ホームは、自宅での介護が困難で介護度が重い人から優先的に入居となり、 食事や排泄の介助などの介護サービスを中心に、寝たきり状態など常時介護を必要とする要介護者の様々な身体の介護や生活の援助を提供しています。

利用料が低額であるため入居待機者も多く、厚生労働省の発表では、全国で約50万人以上が入居待ちの状態となっています。この状態を緩和するため、2015年度からは、入居条件が原則要介護3以上に限定されました。
介護老人保健施設 介護老人保健施設「通称:老健」は、医療法人や社会福祉法人などが運営する公的な介護施設です。入院治療は不要ながら、自宅での生活が困難な要介護者が、在宅復帰を目指すための施設です。食事や排泄の介助などの介護サービスは提供されますが、あくまでも在宅復帰を目的としているため、特別養護老人ホームのように終身制ではなく、原則長期利用はできません。

高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅 サービス付き高齢者向け住宅「通称:サ高住」とは、民間事業者などによって運営され、居室の広さや設備と、バリアフリー構造に関して明確な基準が設けられており、安否確認と生活相談サービスが義務付けられた高齢者向けの賃貸住宅です。 サービス付き高齢者向け住宅は、一般の賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、借りやすく、賃貸借方式の施設が多いので、入居時に支払う費用の返還を受けやすいなどのメリットがあります。
介護が必要な場合は、訪問介護などの介護サービスを利用することになります。医療依存度や介護度が重度化した場合は退去となる場合があります。

地域密着型施設

グループホーム グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは、社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営されていて、認知症と診断された人が、少人数で共同生活をするための施設です。介護スタッフのサポートを受けながら、5〜9人のユニット単位で 入居者の能力に応じて家事などをの役割を分担しながら、共同で自立した生活を送ることで、症状の改善を図ります。

医療依存度や介護度が重度化した場合は退去となる場合があります。